ももちゃんと

アクセスカウンタ

zoom RSS やれやれ

<<   作成日時 : 2016/09/05 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「どこからきたのだろう」と不思議に思うくらい、
ビルやアスファルトの道路だらけの大都会でも、セミやカナブンなどの虫がたくさんいます。

私の周囲もそうで、ある日の帰りがけ、地下鉄の照明に向かってコガネムシが飛んでいました。
「そういえば子供のころ、蛍光灯に向かって飛び込んでくるのがいたな」と電車の座席にもたれかかっていたら、視界のすみに緑色が見えます。
どうやら、さっきのコガネムシが私の右腕のシャツの袖にくっついてきたのです。

「これはまずいことになった…」
帰るまでには、日本有数の利用客を誇る駅も途中で通ります。
「あの人、虫くっつけて電車に乗ってるー」
なんてことになったら、虫が嫌いな人の多い都会で、どんな奇異の視線を浴びるかわかりません。

私は腕を曲げて空中で頬杖をつくような恰好をして、(正面から)コガネムシが見えないようにして、飛び立つのを待ちました。
そんな私の気も知らずコガネムシは一歩もその場を離れようとしません。とうとう私の住む駅まで着いてしまいました

駅についてからも私の袖から動こうとしません。しょうがないので、駅のすぐそばにある公園に行きました。
普段あまり行かない公園ですが(私の住む集合住宅が年に1回くらい火災報知機の誤作動を起こすので、消防車とかが去るまでの間、時間をつぶすのに利用する程度)、街灯が灯っています。
光に反応したのかコガネムシが私の腕を登りはじめました。

そして飛び立つ…ことなく私の首に。
思わず手でつまむと左の指から右の指をつたって、また袖に向かって歩き始めます。
仕方がないので公園の柵の上に置いて「納得いかないかもしれないけど、ここで生活して」

と言っていたら、駅から帰宅中の人に奇異の目で見られてしまいました。当初の目的は失敗に終わりました。
そしてコガネムシは置いた場所から一歩も動こうとしません。

いったん帰ったものの「大丈夫なのかな」と思って再度見に行ったら、もういませんでした。
自然に帰ったのか、誰かの袖について電車で元の場所に戻ったのか…
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ねーりさん、こんばんは。
今週、年に一度の敬老の日を祝う会があり、数週間前より残響残業の毎日を過ごしクタクタのヘトヘトになったワタクシでありましたが、心優しきねーりさんの、ほのぼのとした黄金虫とのやり取り?を拝見し、癒されました♪ありがとうございます〜。

あたし、この人に決めた!と、ねーりさんの腕にしがみついたのかどうかはわかりませんが、居心地が良かったのでしょうね。

私も、野良猫やらスズメやら虫やらに、声をかける質なので、親近感!でした。
ぺく
2016/09/17 00:28
ぺくさん こんばんは
コメントありがとうございます。

残業たくさんされたのですね。お疲れ様です。
今日はその敬老の日ですよね。ご利用者様、喜んで下さったのではないでしょうか。
良くないことですが私は今年祖母に何もしていないので、何か楽しんでもらえるようなことをしたいと思います。

私が子供のころよりも今は虫がダメな人が多い気がします。
私も年々苦手になってきましましたが。ちょうちょとかもダメになってるのを見ると寂しい気もします。
ねーり
2016/09/20 01:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
やれやれ ももちゃんと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる