ももちゃんと

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝手な話

<<   作成日時 : 2017/02/06 02:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

最近テレビで、未開の地や特徴ある文化に注目した番組を時々見るのですが、その中で狩猟の場面があるのです。
そのうちの一つで罠で狩猟を行うのがあり、捕らえられた鹿がキューと鳴いているのです。
 
もちろん他人様が食文化としていただいていることは理解できますが、私自身がこの鳴き声を聞いた後で、この子を解体して食べなさい、と言われたらちょっと無理かな…と思いました。
このあと食べるシーンがあったのでしょうけど、正視できなくて見ていません。私も肉を食べるのに勝手なのですが。

今のテレビはだいぶマイルドになってかつての西部警察や流血するプロレスはもう無理なのでしょうけど、狩猟の様子は結構写すんだなと思いました
(テレビのあり方の話でなくて、世間と私のありなしの線引きの違いの話です)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ねーりさん、こんばんは。
全くもって同感です。
私は基本的にあまり肉は好きではないので、「かわいそう?じゃあ食べるなよ?!」と言われたら、たぶん食べなくても大丈夫だと思います。
それでも、下味のしっかりついた唐揚げとか、デミグラスソースや、和風の大根おろしがたっぷりかかっているハンバーグとかは大好きなので、時々恋しくなるかもしれません。

偽善だと思うけど、それでも加工された肉しか見たことがない私にとって、鶏を絞めた現場を見た直後に唐揚げを食べる気にはなれない。豚も牛も。
人間って本当に色んな命を頂いていて、そのありがたさを忘れないためにも、残酷だけど子供たちにこそそういった現場を見せるべきなのかもしれないですね。
この、食卓にならんだ肉は、生きていた命を頂いていてるんだって。
それが分かったら、簡単にバイキングなどで自分が食べきれないくらいとったものを、簡単に残したりしなくなるでしょうね。
私たちは、何様なんだろう?と、思う話です。
ぺく
2017/02/12 23:34
ぺくさん こんばんは

返信が遅くなってすみません

だいぶ昔ですが、調理実習で豚の解体を行っている小学校をテレビで見ました。
たしかにこのほうが、どこか遠いところの話ではなく、現実に豚さんの命が奪われて、それを食することで私たちが生きている、という事実を伝える点で意義があるように思えます。
でも全国の小学校がこれをやり始めたら、やりすぎな気もしてしまいます。程度問題なのかもしれませんが。

最近、普段食べないような動物を食べる映像や、お店でも普段食べないような動物を食べる店に足を運んだから、余計にそう思うのかもしれません。普通に産業・文化として飼料とか研究して出荷した食肉のほうがおいしいのに、好奇心ででいろんな動物を食べていいのかな、と思ったりしました。
魚の解体ショーとかもショーにしなくていいのに、と思ったりします
ねーり
2017/02/19 20:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
勝手な話 ももちゃんと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる