最近の読書「野球は頭でするもんだ」

先日、元野球選手の野村克也さんがおなくなりになりました。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

子供の頃の野村さんのイメージは、野球の歴代の記録に桁外れの記録で載っているすごい人で、大人になってからは、
話が面白く、何冊か野村さんの本を買いました。

この本は引退してすぐの評論家になって昭和50年代の話で、出てくる登場人物も懐かしい方々です。

後年の著作は評論や理論が多かったですが、この頃はインタビューやエピソードが中心です。

例えば、門田さんについて、最近で野村さんが語るエピソードは、野村さんが王さんとともに「ヒットを狙って、その延長線上にホームランがある」と話しても、門田さんは「ホームランを狙って、その打ち損じがヒット」と持論を曲げなかった話が多かったと思います。

ですが、この本では、門田さんほど素振りをするバッターはいないのに、人が見ているとまず素振りをしないし、していても見に行くと止めてしまうことや

門田さんが、手土産をさげてきてもイスの影にそっと置き、「これ、お前が持ってきてくれたんか」というと、初めて「ええ、まあ」と答える話が出てきます。

最後に「…見習ってもらいたくないところまで、私を真似ているからである。…全力疾走を怠るところだ。…全力疾走は誰でもできる。誰もがしなければならぬことを自分で怠っておいて、人にそれを求めるわけにはいかない。悪いことをしたと思っている。門田に、同じ思いはさせたくない。」

野村さんは指導しにくかった選手を「3悪人」と名付けて、門田さんもその一人だったのですが、こうしたエピソードを見ると、細かい行動まで観察していることや、行動の端々から垣間見える門田さんの人間性に、情を持って見守っていらっしゃったのかな、と思いました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぺく
2020年04月01日 23:21
ねーりさん、こんばんは。
野村監督というと、サッチーがすぐに思い浮かんでしまいます。
私からするとサッチーのどこがそんなに良いのか分かりませんが、野村監督は惚れ込んでいましたよね。
ねーりさんのブログを拝見し、野村監督の優れた洞察力に感服しました。
また、努力を惜しまない人の強さ、さりげない気遣いなど、とても素敵。
自分にはできないことばかりです。

話しは変わりますが、新型コロナウイルス。
恐ろしいですね・・。
志村けんさんが、亡くなってしまったと、職場のテレビで知ったときは、思わず大きな声を出してしまいました。
あまりにも、切なすぎる、無慈悲な別れとなった今回の死は、ご家族、親戚の方々の悲しみがはかり知れません。
どうぞ、ねーりさんも気をつけて。
お互い、無事に過ごせますように。
大切な人たちも無事に過ごせますように。
ねーり
2020年04月10日 23:14
ぺくさん こんばんは
コメントありがとうございます。
いつも返信が遅くてすみません。

20年くらい前はサッチー騒動のピークでしたね。

野村さんの監督業より遥かに話題性があって、阪神ファンの私は、何が何やら…という感じでしたよ

志村けんさんは、たぶん生まれて初めて見た「面白い人」です。人が人を楽しませることを、初めて知ったのだと思います。

私が幼稚園の頃は、いかりや長介さんの「オイーッス」にテレビのスピーカーの穴に向かって「オイーッス」と返事してました
。そこからテレビの向こうのいかりやさんに聞こえると思ってたのです。

何年か前にかなり古い公会堂のそばで仕事した時、地元の人が「ここで昔、全員集合の撮影をしたことがある」と誇らしげに話したのを思い出しました。視聴率も3、40%はあったのではないのでしょうか、みんなの記憶にあるのでしょうね。

お気遣いありがとうございます。
新型コロナウイルスも今のところ先が見えませんが、ぺくさんも、いつにもまし
てお体に気をつけてくださいませ。