藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました

ずっと外出してなかったのですが、宣言解除をうけて
藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました。

「小学○年生」の学年誌も懐かしいですが、各学年ごとに理解度の違う話を作り、かつ、大人も楽しめる面白さを盛り込む、しかも、何年も、毎月という、先生は、まさに不世出の方と思います。

ミュージアムの中では漫画も読めるのですが、ポコにゃんという児童向けの漫画が面白くて読み耽ってしまいました。

撮影禁止なので、うろ覚えですが、藤子・F・不二雄先生が見に行った映画「のび太の恐竜」で子供達が歌に合わせて合唱してたエピソードがあったかと記憶しています。

子供向けの作品を書いてる先生にとって、子供達が楽しんでる様子が本当に嬉しかったでしょうし、私も一度で良いから人様に喜ばれることがしたいと思いました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぺく
2020年06月29日 23:57
ねーりさん、こんばんは。
先日、病院の待ち時間中にコメントを書かせていただいたのですが、何故か送信できていなかったようです💦

ドラえもんは、確かに大人でも楽しめる、感動もできる内容ですね。
何年も前に、ねーりさんへのコメントで書いたことがありますが・・高校時代の部活仲間がドラえもんを読んで泣いたと話していて、ゲラゲラ笑った失礼な私が、大人になり子供と見ていたテレビのドラえもんで、号泣したことを、また思い出しました。

漫画家は、後日感想をもらい喜んでくれたことが伝わるということは、あると思いますが、リアルタイムで子供たちが喜び歌う姿が見られたなんて最高ですね🎵

ねーりさん、自分では、相手が喜ぶなんて思いもしないところで、誰かを少し幸せにしていることって、多分あるんじゃないかなぁ?
誰かを喜ばせること、幸せにすること、既に沢山していると思いますよ☺️

現に、私もそのひとりです。
いつも、ブログ内で相手をして頂き、私は喜んでおります🎵
ねーり
2020年07月03日 23:06
ぺくさんこんばんは
コメントありがとうございます
返信遅くてすみません

ぺくさんは病院に通っていらっしゃるのですね。具合はいかがでしょうか?重くない病気だと良いのですが。

思うにドラえもんの価値観が私に合っているのだと思います。シンプルに動物をいじめないとか、本当の豊かさは何だろうとか

ぺくさんにそうおっしゃっていただけると嬉しいです。でも、私は生活のために自分の良識とはかけ離れたことをしています。そういう意味では、自らの良心に向き合って、作品を出し続けた先生を尊敬しますし、羨ましくもあります