王かんコレクションと私 1

藤子・F・不二雄ミュージアムではF先生の漫画読み放題で子供に混じって読み耽ってました。

タイトルはドラえもんの9巻に収録されている作品です。
スネ夫に切手のコレクションを自慢されて帰宅したのび太は

自慢できるコレクションがない、といいます。

ドラえもんは「君にもすばらしいコレクションがある」と言って、
のび太が昔集めていた王かんを出しますが
それでも不満げなのび太に、ドラえもんは

「そもそも物のねうちって何だろう。みんなが欲しがることじゃないかな。切手だってみんなが欲しがらなければ、ただの紙に過ぎない」
という趣旨の話をします

その後、流行性ネコシャクシビールスという道具を使って、町中に王かんか流行るのですが、

私自身、子供の頃からこういう話に傾倒し過ぎて、世の中の価値に懐疑的になり過ぎていたのかな、と思うことがありました。

昔の交際相手とテレビを見ていたら「ほら、日本のことを知らない外国人は、どういう人かわからないから、高い服着てるとか、身なりで判断してるでしょ」
と話してました。
私は口では「そうね」とは言いましたが、「見た目で判断する人間にどう思われようと構わない」と思い、

お金もなかったので、安い服を着続け
ました。交際相手も私のガンコな所にうんざりしていたのでしょう。

今、交際しているパートナーさんも、同様に見かねたのか、服を買ってくれました。買ってもらった服を着ないと機嫌が悪くなるので、必然的に昔の服は着なくなります。

この前彼女さんに「なぜ着ないのに持ってるんだ、いい加減に処分したら」と言われました。

内心、嫌だったのですが、さすがに痛みも目立ってきたので処分することにしました。

振り返ると25年以上の思い出がよぎります。・・・25年?服の25年は長すぎないか?
やはり私は間違っていたのでは?と反省しました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぺく
2020年08月15日 08:40
ねーりさん、こんにちは。
服の25年は・・?
というか、25年前からの服が着られるということは、体型を維持していると言うことで。それはそれで、すごいことだわ。
私も10年以上前の服はありますが、年々少しずつ育ってゆく体に、捨てざるを得なくなる物も少なくありません💧

うちの息子のように物を大切にしない、すべてが使い捨て・・のような扱いをする人間より、ずっと素晴らしいと思います。
が、たまにはお洒落な格好をしてほしいかも。
とくにねーりさんは、見た目が良いお方なので、勿体ないですよ。
あ、でも、あまりお洒落になっちゃうと、ねーりさんがモテすぎて彼女さんヤキモキしちゃうかもね。

ねーりさん、この場をお借りして報告させていただきます。
ラズちゃんが亡くなりました。
血便が出てから闘病1ヶ月。小鳥の専門病院でも、打つ手なく、先週日曜日に・・。
日曜日だったので、きちんと診とることができて良かったです。
平均寿命が10年。あと2年は心配ない、なんて思い込んでいた私はバカです。悲しい・・。
ねーり
2020年08月17日 22:32
ぺくさん こんばんは

謹んでラズリちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

ぺくさんとお会いした時、指で歩くジェスチャーをして、他の小鳥さんがピョンピョン跳ねて歩くのと違って、サザナミインコはトコトコ歩くんだよ、というお話をして下さいました。

あの時、ぺくさんがどれほどお迎えを楽しみにしていたかを思うと、とても辛くなりますが

かわいいおもちゃを用意してもらったり、子供の時からぺくさんに見守られて一生を過ごしたラズリちゃんは幸せだったと思いますよ。

少食なラズリちゃんでしたが、天国ではたくさん食べて、ぺくさんが幸せに過ごされますよう、見守って下さると思いますよ。