ももちゃんと

アクセスカウンタ

zoom RSS 感情

<<   作成日時 : 2017/04/03 02:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

NHKのアナウンサーらしからぬ小野寺さんの感情の入った実況が好きです。
東海大福岡ー早稲田実業戦を見ましたが

注目の清宮選手の時
「清宮は最初の試合で驚くべきスピードのヒットでしたね、クカー(クカーン)っていうね!」
クカー?

東海の選手がエラーをした選手には
「前の試合で打撲しましてね、手のあたりもしびれがあったりして、んーそういう影響があったかもしれません。普段はそんなことをする選手ではありません。ちょっと体の影響があったかもしれません。大切にというところもあったかもしれません。体いろんなところぶつけてね、テーピング…」
気を遣いすぎというか、話が終わる間に次のプレーが始まっていたり
今度はその選手が打席に入ると
「ケガはしましたが気迫あふれるプレーヤですから、まあ自分のミスもあったでしょうから燃えてますでしょうね!取り返せるところがスポーツのいいところです」

応援席の早稲田実業の初等部の生徒が紹介されると
「○○さん、なんてかわいいんでしょうねーいいですねーかわいいなーかわいいなー…選手は将来ああいう子供たちも応援してると知ったら感動するでしょうね」

解説の方にも 
「高校の頃は○○(地方)の大会にも優勝して、絶対出るチームだと言われましたが残念でしたねー出たかったでしょう?」

客観的な実況もいいですが、
感情が入れば、主観も入り、客観的な実況に比べると偏りもあるかもしれませんが、その人の人柄が出て私の好みです(客観的な説明ならニュースで読めばいいですし)。

何より「実況、楽しいんだろうな」というのが伝わってきます。言い換えると感情あふれる実況というのは、人間性の礼賛とも思えます

きっと私に仕事が好きそうな人に憧れがあるのかもしれません
私の仕事もほかの方の仕事もそうですが、話をしても喜怒哀楽は嘘ばかり(怒だけ本当の時あり)、相手の芝居が透けて見える時もあり、自分自身に対しても他人に対しても人間であること、人間性を持つことが嫌になります

小野寺さんは私よりご年配でいろんな人と接しておられる、と思いますが、どうしたら、人間、人間性が好きになれるか、聞いてみたくなります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ねーりさんこんばんは。
人間。
好きな人間もいるけど、好きになれない人間もいる。
好きになれない人間は、その、人間性が嫌。ということですよね。
私は人見知りな方ではありますが、仕事となると、人見知りではなくなります。
制服等で、気持ちが切り替わるというのもあるし、割りきる……って感じでしょうか。愛想良くできます。
社交的な振りをする、とでも申しましょうか。
どんな職種でも、本音は隠して建前で働くことの方が多いですよね。
世の中には色んな人間がいる。

だから……メンドクサイ。





ぺく
2017/04/11 00:20
ぺくさん こんばんは
返信遅くてすみません。

小野塚さんは感情を込め過ぎるところがあるので、好みは別れるかもしれませんが、私は主観の入った実況が好きです。
主観が入れば、その人の考え方や良識が入りますし、起きている事だけ伝えるよりも、本当は勇気が必要なことだったりします。

ぺくさんは制服を着ると切り替わるのですね。ぺくさんのお仕事はお客様に受け入れてもらうことが前提ですから、(自発にせよ、必要に迫られてにせよ)愛想よくする必要もあるでしょうし、大変でしょうね。

素人の私が外から見てなので、間違っているかもしれませんが、ぺくさんのお仕事の業界は、仕事ではあるけれども、100%ビジネスだけでなく、親身というか善意というか、そういうものもご利用者およびその家族は期待しているでしょうから難しいのでしょうね。

その辺りの曖昧さを整理せずに現場に任せたまま、制度を作る側の人は増え続けるお年寄に追いつくために、事業所を次々認可したり受け入れ先を拡大し続けてるほうに関心がある印象があります(まとめると制度を作る側の人は質より量に関心がある)。

少し前に給与の問題がニュースになったりしましたが、給与の上り下がりだけですべてが解決しない、突いてない本質みたいなのがあるのでしょうね
ねーり
2017/04/15 10:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
感情 ももちゃんと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる